• 正在加载中...
  • 梶原景季

    梶原景季(かじわら かげすえ、応保2年(1162年)- 正治2年1月20日(1200年2月6日))は、平安时代末期から鎌仓幕府初期の武将。梶原景时の嫡男。通称を源太といった。

    编辑摘要

    目录

     

    人物简介/梶原景季 编辑

    梶原景

    梶原景季梶原景季
    季(かじわら かげすえ、応保2年(1162年)- 正治2年1月20日(1200年2月6日))は、平安时代末期から鎌仓幕府初期の武将。梶原景时の嫡男。通称を源太といった。  木曽义仲追讨に际し、宇治川の戦いにおいて佐々木高纲と先阵を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは箙に梅の花の枝を挿して奋戦し、板东武者にも雅を解する者がいると敌味方问わず赏賛を浴びた。  

    その後も鎌仓幕府内で顺调に地歩を固めるが、源頼朝の死後父とともに失脚し、骏河国で讨ち取られた。

    相关条目/梶原景季 编辑

    梶原景季梶原景季
    石田友一、岛田直树、萩原幸人

    添加视频 | 添加图册相关影像

    互动百科的词条(含所附图片)系由网友上传,如果涉嫌侵权,请与客服联系,我们将按照法律之相关规定及时进行处理。未经许可,禁止商业网站等复制、抓取本站内容;合理使用者,请注明来源于www.baike.com。

    登录后使用互动百科的服务,将会得到个性化的提示和帮助,还有机会和专业认证智愿者沟通。

    互动百科用户登录注册
    此词条还可添加  信息模块

    WIKI热度

    1. 编辑次数:4次 历史版本
    2. 参与编辑人数:4
    3. 最近更新时间:2015-08-12 17:38:47
    立刻申请认证荣誉共建 认领可获得以下专属权利:

    精准流量

    独家入口

    品牌增值

    广告