秦基博

秦基博,日本歌手,2006年3月和BMG Augusta厂牌签约,11月正式主流出道。现唱片公司为日本Sony Music。秦基博是全创作歌手,发表的歌曲除了翻唱之外词曲均由他本人完成。

编辑摘要
中文名: 秦基博 其它外文名: ハタ モトヒロ
艺名: 小博 出生地: 宫崎県生まれ横浜育ち
性别: 血型: A
国籍: 日本 出生年月: 1980年10月11日
星座: 天秤座 代表作品: 《透明だった世界》
爱好: 创作、演唱
本词条内容尚未完善,欢迎各位编辑词条,贡献自己的专业知识!

 

秦基博秦基博

       本名:秦基博(ハタ・モトヒロ)
  生年月日:1980年10月11日 天秤座
  出身:宫崎県生まれ横浜育ち
  血液型:A型
  趣味:草野球、ボーリング、ビリヤード
  【経歴】
  【本人による生い立ちからデビューまでの轨迹】
  ●出生~少年期
  1980年10月11日、宫崎県日南市に秦家の三男坊として生まれる。
  丸々と太っていて玉のような乳児期。
  小2の夏に父亲の仕事の都合で横浜に引越し。
  少年野球大好きキャッチャータイプの丸々と太っていて玉のような幼少期。
  中1の时、兄が友人から3000円でゆずってもらったギターを弾き始める。
  部活(バスケ部)终了後、家で一心不乱にギターを弾き歌いまくる毎日。
  社宅中に歌声が响いた少年期。身长が伸びて玉のようじゃなくなる。
  ●思春期
  1996年 高校入学。バスケット部の仮入部に行くが、あまりの先辈の怖さに入部断念。
  ゆるそうな軽音楽部に入部。
  MR.CHILDREN、エレファントカシマシ、ウルフルズのコピーバンドを始める。
  担当はギター/ボーカル。
  だが、音楽そっちのけで、放课後カラーバットとカラーボールで日が暮れるまで野球。
  お腹がすいたら学食。という日々を卒业まで缲り返す。中肉中背の思春期。
  男子校特有の片寄った笑いに倾倒。何が面白いかわからなくなる。
  そして、そのころから本格的にオリジナル曲を书きはじめる。
  ●青年期
  1999年 大学入学前の春休みに、友达の友达の绍介でパンク中心のライブハウス
  ”F.A.D.yokohama”の弾き语りイベントに出演。ライブハウスのオーナーに目をかけてもらいながら、
  精力的に弾き语りやバンド形式で、横浜を中心にライブを続ける。
  オリジナル曲も増えていく。
  大学时代はテスト前以外は学校にほとんど行かないという生活を4年间続ける。
  月~金の「笑っていいとも」を网罗。でも无事卒业。
  この顷、草野球の前日にボーリング6ゲームを投げ、当日ピッチャーをしたら投げた腕の骨が折れるという事件が勃発。
  骨折期间中は左手でボーリングを続ける。
  ●インディーズでのリリース
  2004年1月、インディーズアルバム「オレンジの背景の赤い静物」を発売。*现在は
  プロモーションでインストアライブや一人ぼっちの関东ショートツアーを行う。
  初めて一人で新干线に乗れました。
  その後も精力的にライブを行う。
  【オフィスオーガスタ所属以降の経歴】
  ●2006年3月、OfficeAugustaに所属。
  ●2006年7月「AugustaCamp2006」にオープニングアクトとして登场。一跃注目を集める存在となる。
  ●2006年11月8日BMGJAPAN/オーガスタレコードより、デビューシングル「シンクロ」をリリース。
  全国43局のFMラジオのパワープレイに决定し、パワープレイ决定数の新记录を树立する。
  TBS系テレビ全国ネット「CDTV」11月度オープニングテーマ。
  ●2007年3月7日ミニアルバム「仆らをつなぐもの」をリリース。
  名作バラード「仆らをつなぐもの」を表题曲とした全编セルフプロデュースのミニアルバムをリリース。
  ※「仆らをつなぐもの」日本テレビ系全国ネット ドラマスペシャル「セレンディップの奇迹」主题歌
  ※「シンクロ(AlbumVer.)」 WOWOWdramaW 「真夜中のマーチ」主题歌
  ●东京・大阪 招待制ワンマンLIVE开催
  东京:「ぴあデビューレビューVOL.126」 日时:2007年3月22日(木)@渋谷O-WEST
  大阪:「Sony×FM802YouaretheNEXT!ProjectGottcha!秦基博」日时:2007年3月26日(月)@心斎桥BIGCAT
  バンドメンバー:Keyboards&E.Guitar:上田祯/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学
  ●2007年6月6日2ndSingle「鳞(うろこ)」リリース
  日本テレビ系「夏ドキュ!テージセー~1461日の记忆~」イメージソング
  ●2007年9月12日3rdSingle「青い蝶」リリース
  ●东京・大阪有料クアトロワンマンLIVE!
  9/11大阪心斎桥クアトロ
  9/13东京渋谷クアトロ
  チケットは约3分でSOLDOUT!
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二/Bass:铃木正人
  ●2007年9月26日1stALBUM「コントラスト」リリース
  オリコンウィークリーチャート初登场5位を记录し、一跃ブレイク!
  ●初の全国7大都市ワンマンツアー
  初の全国ツアー!全会场SOLDOUT!
  「秦基博1stLIVETOUR"CONTRAST"」
  ■2007年11月24日(土)仙台MACANA
  ■2007年11月26日(月)札幌ペニーレーン24
  ■2007年11月28日(水)広岛クラブクアトロ
  ■2007年12月3日(月)名古屋クラブクアトロ
  ■2007年12月5日(水)大阪なんばHatch
  ■2007年12月8日(土)福冈DRUMLOGOS
  ■2007年12月11日(火)东京SHIBUYA-AX
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二
  ●古のF.A.Dにてスペシャル・ワンマンLIVE
  BACKTOF.A.D!
  2007年12月27日(木)F.A.Dyokohama
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二
  关于秦基博
  文/小苏
  日本乐坛这几年萎靡不振,能够出现几个让人惊喜的歌手已经不是件容易的事情。阴盛阳衰的局势,让人对于SOLO男歌手自然也就少了几分期待。虽说在河口恭吾之后,又一个拿着一把吉他,带有一点民谣路线的自然派男歌手诞生,其实也并不稀奇。但在看到他Profile的时候,温柔的面孔,独特的姓氏,却在脑中不断的回旋。心想该不会又是一个什么玩神秘的“偏”人。
  大错特错。真是被充满力量的声音震住了。
  通常我们说到有力度,就会想起吼叫和呐喊。不是的。看到这样斯文的照片,可能会让人以为这是让师奶们砸钱的小兄弟,NO。基博的眼中透露出的一种孤僻和独立,面孔传达出妥协的柔弱,声音如同玻璃一般透明,但又如同钢铁或钻石一般坚固。仿佛一颗没有经过雕刻的黑金,但光芒却已十分耀眼。他的声音打破了冬日的宁静,带着强烈的存在感,攻占了你的听觉。
  孤僻、倔强、懦弱、力量,这是多么复杂而又独特的一个交会。我会喜欢这样充满个性的歌手。基博不是娘娘腔的卖脸男,也不是摆样子的二把刀。虽说是一位新人,但他所拥有的光芒已让我的眼中再次闪烁出对音乐的期待和向往。

 

 

 本名:秦基博(ハタ・モトヒロ)
  生年月日:1980年10月11日 天秤座
  出身:宫崎県生まれ横浜育ち
  血液型:A型
  趣味:草野球、ボーリング、ビリヤード
  【経歴】
  【本人による生い立ちからデビューまでの轨迹】
  ●出生~少年期
  1980年10月11日、宫崎県日南市に秦家の三男坊として生まれる。
  丸々と太っていて玉のような乳児期。
  小2の夏に父亲の仕事の都合で横浜に引越し。
  少年野球大好きキャッチャータイプの丸々と太っていて玉のような幼少期。
  中1の时、兄が友人から3000円でゆずってもらったギターを弾き始める。
  部活(バスケ部)终了後、家で一心不乱にギターを弾き歌いまくる毎日。
  社宅中に歌声が响いた少年期。身长が伸びて玉のようじゃなくなる。
  ●思春期
  1996年 高校入学。バスケット部の仮入部に行くが、あまりの先辈の怖さに入部断念。
  ゆるそうな軽音楽部に入部。
  Mr.Children、エレファントカシマシ、ウルフルズのコピーバンドを始める。
  担当はギター/ボーカル。
  だが、音楽そっちのけで、放课後カラーバットとカラーボールで日が暮れるまで野球。
  お腹がすいたら学食。という日々を卒业まで缲り返す。中肉中背の思春期。
  男子校特有の片寄った笑いに倾倒。何が面白いかわからなくなる。
  そして、そのころから本格的にオリジナル曲を书きはじめる。
  ●青年期
  1999年 大学入学前の春休みに、友达の友达の绍介でパンク中心のライブハウス
  ”F.A.D.yokohama”の弾き语りイベントに出演。ライブハウスのオーナーに目をかけてもらいながら、
  精力的に弾き语りやバンド形式で、横浜を中心にライブを続ける。
  オリジナル曲も増えていく。
  大学时代はテスト前以外は学校にほとんど行かないという生活を4年间続ける。
  月~金の「笑っていいとも」を网罗。でも无事卒业。
  この顷、草野球の前日にボーリング6ゲームを投げ、当日ピッチャーをしたら投げた腕の骨が折れるという事件が勃発。
  骨折期间中は左手でボーリングを続ける。
  ●インディーズでのリリース
  2004年1月、インディーズアルバム「オレンジの背景の赤い静物」を発売。*现在は廃盘
  プロモーションでインストアライブや一人ぼっちの関东ショートツアーを行う。
  初めて一人で新干线に乗れました。
  その後も精力的にライブを行う。
  【オフィスオーガスタ所属以降の経歴】
  ●2006年3月、OfficeAugustaに所属。
  ●2006年7月「AugustaCamp2006」にオープニングアクトとして登场。一跃注目を集める存在となる。
  ●2006年11月8日BMGJAPAN/オーガスタレコードより、デビューシングル「シンクロ」をリリース。
  全国43局のFMラジオのパワープレイに决定し、パワープレイ决定数の新记录を树立する。
  TBS系テレビ全国ネット「CDTV」11月度オープニングテーマ。
  ●2007年3月7日ミニアルバム「仆らをつなぐもの」をリリース。
  名作バラード「仆らをつなぐもの」を表题曲とした全编セルフプロデュースのミニアルバムをリリース。
  ※「仆らをつなぐもの」日本テレビ系全国ネット ドラマスペシャル「セレンディップの奇迹」主题歌
  ※「シンクロ(AlbumVer.)」 WOWOWdramaW 「真夜中のマーチ」主题歌
  ●东京・大阪 招待制ワンマンLIVE开催
  东京:「ぴあデビューレビューVOL.126」 日时:2007年3月22日(木)@渋谷O-WEST
  大阪:「Sony×FM802YouaretheNEXT!ProjectGottcha!秦基博」日时:2007年3月26日(月)@心斎桥BIGCAT
  バンドメンバー:Keyboards&E.Guitar:上田祯/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学
  ●2007年6月6日2ndSingle「鳞(うろこ)」リリース
  日本テレビ系「夏ドキュ!テージセー~1461日の记忆~」イメージソング
  ●2007年9月12日3rdSingle「青い蝶」リリース
  ●东京・大阪有料クアトロワンマンLIVE!
  9/11大阪心斎桥クアトロ
  9/13东京渋谷クアトロ
  チケットは约3分でSOLDOUT!
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二/Bass:铃木正人
  ●2007年9月26日1stALBUM「コントラスト」リリース
  オリコンウィークリーチャート初登场5位を记录し、一跃ブレイク!
  ●初の全国7大都市ワンマンツアー
  初の全国ツアー!全会场SOLDOUT!
  「秦基博1stLIVETOUR"CONTRAST"」
  ■2007年11月24日(土)仙台MACANA
  ■2007年11月26日(月)札幌ペニーレーン24
  ■2007年11月28日(水)広岛クラブクアトロ
  ■2007年12月3日(月)名古屋クラブクアトロ
  ■2007年12月5日(水)大阪なんばHatch
  ■2007年12月8日(土)福冈DRUMLOGOS
  ■2007年12月11日(火)东京SHIBUYA-AX
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二
  ●古巣のF.A.Dにてスペシャル・ワンマンLIVE
  BACKTOF.A.D!
  2007年12月27日(木)F.A.Dyokohama
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二
  关于秦基博
  文/小苏
  日本乐坛这几年萎靡不振,能够出现几个让人惊喜的歌手已经不是件容易的事情。阴盛阳衰的局势,让人对于SOLO男歌手自然也就少了几分期待。虽说在河口恭吾之后,又一个拿着一把吉他,带有一点民谣路线的自然派男歌手诞生,其实也并不稀奇。但在看到他Profile的时候,温柔的面孔,独特的姓氏,却在脑中不断的回旋。心想该不会又是一个什么玩神秘的“偏”人。
  大错特错。真是被充满力量的声音震住了。
  通常我们说到有力度,就会想起吼叫和呐喊。不是的。看到这样斯文的照片,可能会让人以为这是让师奶们砸钱的小兄弟,NO。基博的眼中透露出的一种孤僻和独立,面孔传达出妥协的柔弱,声音如同玻璃一般透明,但又如同钢铁或钻石一般坚固。仿佛一颗没有经过雕刻的黑金,但光芒却已十分耀眼。他的声音打破了冬日的宁静,带着强烈的存在感,攻占了你的听觉。
  孤僻、倔强、懦弱、力量,这是多么复杂而又独特的一个交会。我会喜欢这样充满个性的歌手。基博不是娘娘腔的卖脸男,也不是摆样子的二把刀。虽说是一位新人,但他所拥有的光芒已让我的眼中再次闪烁出对音乐的期待和向往。本名:秦基博(ハタ・モトヒロ)
  生年月日:1980年10月11日 天秤座
  出身:宫崎県生まれ横浜育ち
  血液型:A型
  趣味:草野球、ボーリング、ビリヤード
  【経歴】
  【本人による生い立ちからデビューまでの轨迹】
  ●出生~少年期
  1980年10月11日、宫崎県日南市に秦家の三男坊として生まれる。
  丸々と太っていて玉のような乳児期。
  小2の夏に父亲の仕事の都合で横浜に引越し。
  少年野球大好きキャッチャータイプの丸々と太っていて玉のような幼少期。
  中1の时、兄が友人から3000円でゆずってもらったギターを弾き始める。
  部活(バスケ部)终了後、家で一心不乱にギターを弾き歌いまくる毎日。
  社宅中に歌声が响いた少年期。身长が伸びて玉のようじゃなくなる。
  ●思春期
  1996年 高校入学。バスケット部の仮入部に行くが、あまりの先辈の怖さに入部断念。
  ゆるそうな軽音楽部に入部。
  Mr.Children、エレファントカシマシ、ウルフルズのコピーバンドを始める。
  担当はギター/ボーカル。
  だが、音楽そっちのけで、放课後カラーバットとカラーボールで日が暮れるまで野球。
  お腹がすいたら学食。という日々を卒业まで缲り返す。中肉中背の思春期。
  男子校特有の片寄った笑いに倾倒。何が面白いかわからなくなる。
  そして、そのころから本格的にオリジナル曲を书きはじめる。
  ●青年期
  1999年 大学入学前の春休みに、友达の友达の绍介でパンク中心のライブハウス
  ”F.A.D.yokohama”の弾き语りイベントに出演。ライブハウスのオーナーに目をかけてもらいながら、
  精力的に弾き语りやバンド形式で、横浜を中心にライブを続ける。
  オリジナル曲も増えていく。
  大学时代はテスト前以外は学校にほとんど行かないという生活を4年间続ける。
  月~金の「笑っていいとも」を网罗。でも无事卒业。
  この顷、草野球の前日にボーリング6ゲームを投げ、当日ピッチャーをしたら投げた腕の骨が折れるという事件が勃発。
  骨折期间中は左手でボーリングを続ける。
  ●インディーズでのリリース
  2004年1月、インディーズアルバム「オレンジの背景の赤い静物」を発売。*现在は廃盘
  プロモーションでインストアライブや一人ぼっちの関东ショートツアーを行う。
  初めて一人で新干线に乗れました。
  その後も精力的にライブを行う。
  【オフィスオーガスタ所属以降の経歴】
  ●2006年3月、OfficeAugustaに所属。
  ●2006年7月「AugustaCamp2006」にオープニングアクトとして登场。一跃注目を集める存在となる。
  ●2006年11月8日BMGJAPAN/オーガスタレコードより、デビューシングル「シンクロ」をリリース。
  全国43局のFMラジオのパワープレイに决定し、パワープレイ决定数の新记录を树立する。
  TBS系テレビ全国ネット「CDTV」11月度オープニングテーマ。
  ●2007年3月7日ミニアルバム「仆らをつなぐもの」をリリース。
  名作バラード「仆らをつなぐもの」を表题曲とした全编セルフプロデュースのミニアルバムをリリース。
  ※「仆らをつなぐもの」日本テレビ系全国ネット ドラマスペシャル「セレンディップの奇迹」主题歌
  ※「シンクロ(AlbumVer.)」 WOWOWdramaW 「真夜中のマーチ」主题歌
  ●东京・大阪 招待制ワンマンLIVE开催
  东京:「ぴあデビューレビューVOL.126」 日时:2007年3月22日(木)@渋谷O-WEST
  大阪:「Sony×FM802YouaretheNEXT!ProjectGottcha!秦基博」日时:2007年3月26日(月)@心斎桥BIGCAT
  バンドメンバー:Keyboards&E.Guitar:上田祯/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学
  ●2007年6月6日2ndSingle「鳞(うろこ)」リリース
  日本テレビ系「夏ドキュ!テージセー~1461日の记忆~」イメージソング
  ●2007年9月12日3rdSingle「青い蝶」リリース
  ●东京・大阪有料クアトロワンマンLIVE!
  9/11大阪心斎桥クアトロ
  9/13东京渋谷クアトロ
  チケットは约3分でSOLDOUT!
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二/Bass:铃木正人
  ●2007年9月26日1stALBUM「コントラスト」リリース
  オリコンウィークリーチャート初登场5位を记录し、一跃ブレイク!
  ●初の全国7大都市ワンマンツアー
  初の全国ツアー!全会场SOLDOUT!
  「秦基博1stLIVETOUR"CONTRAST"」
  ■2007年11月24日(土)仙台MACANA
  ■2007年11月26日(月)札幌ペニーレーン24
  ■2007年11月28日(水)広岛クラブクアトロ
  ■2007年12月3日(月)名古屋クラブクアトロ
  ■2007年12月5日(水)大阪なんばHatch
  ■2007年12月8日(土)福冈DRUMLOGOS
  ■2007年12月11日(火)东京SHIBUYA-AX
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二
  ●古巣のF.A.Dにてスペシャル・ワンマンLIVE
  BACKTOF.A.D!
  2007年12月27日(木)F.A.Dyokohama
  バンドメンバー:E.Guitar:山本タカシ/Bass:鹿岛达也/Drums:坂田学/Keyboards:山本隆二
  关于秦基博
  文/小苏
  日本乐坛这几年萎靡不振,能够出现几个让人惊喜的歌手已经不是件容易的事情。阴盛阳衰的局势,让人对于SOLO男歌手自然也就少了几分期待。虽说在河口恭吾之后,又一个拿着一把吉他,带有一点民谣路线的自然派男歌手诞生,其实也并不稀奇。但在看到他Profile的时候,温柔的面孔,独特的姓氏,却在脑中不断的回旋。心想该不会又是一个什么玩神秘的“偏”人。
  大错特错。真是被充满力量的声音震住了。
  通常我们说到有力度,就会想起吼叫和呐喊。不是的。看到这样斯文的照片,可能会让人以为这是让师奶们砸钱的小兄弟,NO。基博的眼中透露出的一种孤僻和独立,面孔传达出妥协的柔弱,声音如同玻璃一般透明,但又如同钢铁或钻石一般坚固。仿佛一颗没有经过雕刻的黑金,但光芒却已十分耀眼。他的声音打破了冬日的宁静,带着强烈的存在感,攻占了你的听觉。
  孤僻、倔强、懦弱、力量,这是多么复杂而又独特的一个交会。我会喜欢这样充满个性的歌手。基博不是娘娘腔的卖脸男,也不是摆样子的二把刀。虽说是一位新人,但他所拥有的光芒已让我的眼中再次闪烁出对音乐的期待和向往。

为本词条添加视频组图相关影像

本词条对我有帮助 分享到: 我要提建议

互动百科的词条(含所附图片)系由网友上传,如果涉嫌侵权,请与客服联系,我们将按照法律之相关规定及时进行处理。未经许可,禁止商业网站等复制、抓取本站内容;合理使用者,请注明来源于www.baike.com。

欢迎加入互动百科大家庭,和互动百科超过690万专业认证智愿者一起,分享你的真知灼见。

如果你对大家的讨论有兴趣,可以点击“赞”和“鄙视”的大拇指,来表达你的看法。

讨论区的精彩内容,会被用户顶到最上面,让更多人感受到大家的推荐,你注意到了吗?

登录后使用互动百科的服务,将会得到个性化的提示和帮助,还有机会和690多万专业认证智愿者沟通。

互动百科用户登录
您也可以使用以下网站账号登录:

WIKI热度

  1. 创建者:situkesu
  2. 编辑次数:10次 历史版本
  3. 参与编辑人数:9
  4. 最近更新时间:2013-03-25 09:23:52
此词条还可添加  信息模块